ラブシェール法とは?

自分で決めた金額以上には、負けることがない戦法です。

どのゲームで使えるの?
  • ブラックジャック
  • ルーレット(赤黒)
  • バカラ
  • クラップス
  • その他イーブンベット
 

つまり勝つと配当が2倍になるゲームでこの方法は有効となります。

最初に自分で決めたチップ以上に、負けることがない為、ローリスク・ローリターンです。

ラブシェール法のやり方

勝ちと負け、さらに賭けたチップの数を、メモを使って記録する必要があります。

メモを取らずに、やり方を間違えてしまうと、ラブシェール法は威力を発揮してくれないので、

絶対に間違えないようにしましょう。

記載内容
  • 勝利の回数
  • 数列
  • 勝敗
  • ベット額
  • 損益
 

の5項目です。

ラブシェール法の基本ルール

まず最初に、好きな数字で4~10個程度の、数列を書きます

この合計数字が、負けた時の最大値になります。

そして、書いた数列の両端の合計値を賭けていきます。

勝った場合は、数列の右端に「今賭けた数字」を追加していきます。

負けた場合は、数列の両端の数字を1つずつ、合計2つを消していきます。

例1、
1、まずは適当に「1、2、2、3、1、2、1」等と、数列を決めます。

この場合、数列は7つ、合計12が最大の負けになります。

2、数列の両端の合計値を、賭けていきます「1+1=2」。

3、負けた場合は、数列の両端の数字を1つずつ、合計2つを消していきます。

勝った場合は、数列の右端に「今賭けた数字」を追加していきます。

以後はこの繰り返しで、数列が1つになるか、無くなったら終了します。

ラブシェール法の特徴と注意点

最初に決めた金額以上には負けないのが特徴で、

逆に連勝を続けると賭ける枚数が上がっていき、リスクもリターンも増大していくので、注意が必要です。

まとめ

ラブシェール法はメモを取る必要があるので少々手間はかかりますが、

自分で決めた以上に負けないのが最大の特徴なので、

コツコツ時間をかけてプレイするのが好きな方にはとても良い賭け方となりそうですね。

 

『Betrnk』のようなオンラインカジノであれば、

周りの目を気にせず時間をかけてベットすることができるので、

ラブシェール法との相性もよさそうですね!ぜひ一度プレイしてみてください♪