日本でも現在着々と統合型リゾート施設(IR)の動きが進んでいますよね。

そんな中で問題視されている『ギャンブル依存症』。

一般的にギャンブル依存症とは、ギャンブルにのめり込んでしまい生活に支障が出ているかつ治療を必要とする状態を指します。

なんと、日本はシンガポールよりもギャンブル依存症患者が多くIRとは切っても切り離せない問題として取り上げられているのです。

大型IR施設があるシンガポールで、どのような対策でギャンブル依存症患者を減少させたのでしょうか?

マレーシアが取った具体的な対策

  • 21歳未満の入場禁止
  • ゲームは2500台以上禁止
  • カジノホール内ATM設置禁止
  • シンガポール国民はカジノ入場税の支払義務


など、禁止行為が増えたことで、高金利でカジノ資金を貸し付ける悪徳業者も出てきました。

ちなみに違法と見なされる貸金が判明した場合、最高9年の懲役や、むち打ちの刑もあるようです。

他にも死角が無い監視カメラの設置や、特別な訓練を受けたディーラーやスタッフ約500人体勢で利用者への見守りを強化しています。

対策の結果は?

この数々の対策の結果、ギャンブル依存症患者の数は年々減少していき2005年の4.1%から2014年にはなんと0.7%まで減少することに成功しました。

日本での全国調査では2013年の時点で4.8%(約536万人)という結果が残されています。

そしてわずかな増減はありますが、ギャンブル依存症患者を大幅に増やすことなくIRの運営が行われています。

日本ではどのような対策が取られるのか?

現段階まで発表されていることは、ギャンブル依存症の予防・啓発、医療体制を整えた設備、患者または家族のケアなどしっかりとギャンブル依存症に対する対策は取っている印象です!

ギャンブル依存症患者の治療がIR施設内で行えるとは斬新な発想ですね!

さらに患者だけではなく身内(第三等親まで)のケアや、カジノへの申告により出入りを禁止することも可能になります。

ギャンブル依存症の患者は自分でどうにもできないことも症状の一つにあげられます。

周囲の方の協力も必要となってくるなかこの対策は良い方向に向かうことができるのではないのでしょうか。


着々と進められている日本でのIR政策ですが、このまま進めば2020年に完成するようです。

シンガポールや他国の対策などを参考にして日本のIR施設も幸先の良いスタートが切れることを願っています!


2020年のカジノ建設までまだまだ時間があります!オンラインカジノをプレイしながら待ちましよう!

こちらのBetrnk(ベットランク)は2019年にオープンした新しいオンラインカジノサイトです。

圧倒的なゲーム数と24時間完全日本語サポートが特徴です!
ぜひチェックしてみてくださいね!