イーサリアム

ビットコインに次ぐ時価総額を誇るイーサリアムをわかりやすく解説します。

イーサリアムはプラットフォーム

仮想通貨の代表格であるビットコインは、

ブロックチェーン上にコインの移動履歴を全て書き込むことで、通貨として扱えるようになっています。

 
ブロックチェーンとは
  • 全く同じ内容を持ちながらも無数に分散して存在できるデータベース
  • 過去のデータを書き換えることは事実上不可能と言える
  • 管理者(権力者)が存在せず、前提として信用を必要としない

 このような特徴を持つブロックチェーンは、

ビットコインのような暗号通貨を成り立たせるシステムのことです。

移動履歴とは

移動履歴とは、「コインがどこからどこへ移動したか」という情報です。

結果的にそれらの情報は今どこにどれだけのコインがあるのかというコインの存在証明として利用できます。

 

イーサリアムのブロックチェーンと、ビットコインのブロックチェーンは

もちろん全く別物で、イーサリアムは独自のブロックチェーンを持っています。

 

イーサリアムのブロックチェーンは特定の機能を実現するためではなく、

非常に柔軟な使い方ができるように設計されています。

 

ビットコインとイーサリアムは例えて言うなら、ガラケースマホのようなものです。

(スマホの方が優れているという話ではありません)

ガラケーは電話をかけるという機能に特化した機械であるのに対して、

スマホならアプリを入れることで何でもできるようになります。

スマホが提供しているのは何らかの機能ではなく、アプリが動く環境(プラットフォーム)です。

 

イーサリアムが目指す所はそこです。

ブロックチェーンという非中央集権システム(P2P)上で

動作するアプリケーションを作る為のプラットフォームです。

OSといった方が分かりやすいかも知れません。

 

ブロックチェーンはパブリックなP2Pで管理される非中央集権システムなので、

特定のサーバーに頼る必要はなく、改ざんが非常に難しく、停止することはまずありません。

(ゼロダウンタイムシステム)

 

言わば、管理者不在で自律的に稼働し続けるコンピュータ

(実体は無数に分散して存在する)を作ったようなものです。

ブロックチェーンコンピューティングとでも言える新しい演算機の仕組みです。

 

その自律分散型コンピュータ上でアプリケーションを動かすためのプラットフォームがイーサリアムです。

 

アプリケーション自体は、第三者が自由に作れるようになっています。

イーサリアムはあくまでそのプラットフォームです。

 

そういう意味では、ビットコインはプラットフォームとアプリケーションが一体となったものと言えます。

イーサリアムのような自律分散型プラットフォーム上で動くアプリケーションのことを、

『DApp(Decentralized Application)(非中央集権アプリケーション)』と言います。

 

◎豆知識

ビットコインのブロックチェーンにも拡張性があり、

コインの移動以外の情報も少し書き込めるようになっています。

その拡張性を利用して仮想通貨以外のデジタル情報を

取引できるようにした技術をブロックチェーン2.0と呼んでいます。 

そしてイーサリアムのブロックチェーンのように、

仮想通貨のやり取り以外を主な目的とするブロックチェーンは、

特にブロックチェーン3.0と呼ばれています。

 

イーサリアムは通貨なの?

取引所なんかで売買されているイーサリアムってのは何なのかと言うと、仮想通貨です。

「イーサリアム」という言葉はプラットフォーム全体のことを指していたり、

通貨のことを指していたりと、ちょっと曖昧な使われ方をしています。

区別して言う場合は、プラットフォームのことをEthereum(イーサリアム)

通貨のことをEther(イーサ)、あるいはETHと表現することが多いです。

ETHは、イーサリアム上で動くスクリプト(アプリケーション)を動かす為の手数料として使われます。

ETHもEtherも単位として使われますが、一般的にはETHを使うことが多いです。取引所などでも、

1ETH = 34,000JP

このような形で表記されます。

一般的に知られている単位はETHですが、Etherの最小単位はweiです。

1ETH = 1,000,000,000,000,000,000wei

こちらがweiに変換した際の表記になります。 100京weiです。

逆に言うと1weiは10のマイナス18乗ETHです。

取引所などではETHで表されますが、イーサリアムの内部ではこのweiを基準として

kwei(キロwei)mwei(メガwei)gwei(ギガwei)などの単位を使ってやり取りされています。

ETHはあくまでイーサリアム内部で使われる通貨なのですが、

専門家の意見では今後は広く一般的に流通すると予測されています。

ETHはイーサリアムを動かすために必要不可欠なリソースとして

価値を保証されているわけですから、

もしイーサリアムシステムが社会のインフラとして広く浸透すれば、

ETHという通貨はとてつもなく強固な価値を担保とすることになります。

米ドルがアメリカ合衆国を担保にしているように、

円が日本国を担保にしているように、

ETHはイーサリアムシステムを担保にする通貨ということになります。

これから先、イーサリアムシステムがどこまで大きくなるかはまだ分かりませんが、

もし世界中で必要不可欠なインフラとして使われるなら、

国なんていうレベルを遥かに超える大きな価値を持つものとなりえるかもしれません。

 

イーサリアムのスペック

独自トークンの発行

イーサリアムのブロックチェーン上で管理される独自トークンを発行することができます。

自前のブロックチェーンを持たない仮想通貨は特にトークンと呼ばれています。

※トークンは、一つの解釈だと思ってください。

独自のブロックチェーンを持つ仮想通貨はマイニングの報酬としてその仮想通貨が発行され、

普通はその発行限度額が決められていますが、

いわゆるトークンの場合はその管理者が発行したものです。

会社が発行するクーポン券みたいなものです。

トークンはその会社のサービスを利用するために使えたりするので、

その会社が大きく成長すればそのトークンの需要も高まり、トークンの価値が上がることになります。

有名なトークンは取引所で扱われており、売買することもできます。

IPO(新規公開株)のように、何らかのサービスや会社を立ち上げる際に

独自トークンを出資者に対して株券のように渡すことで資金を集める

ICO(Initial Coin Offering)という仕組みが、近年増えてきています。

その多くはイーサリアムを使って発行されています。

ICOは、それっぽいwebサイトを作るだけで手軽に莫大な資金を集めることができ、

まだ法整備も行き届いていない為、出資者を集めるだけ集めて

ドロンするような詐欺トークンも非常に多く、何も考えずに手を出すと非常に危険です。

ですが、その桁外れの集金能力とスピード感は、既存の仕組みを遥かに上回るもので、

大きな注目を集めているのは事実です。(あまりに詐欺トークンが多いので規制の対象にもなっています)。

あと面白いのが、個人が自分のトークンを発行することもできます。

言わば自分コインです。使い道も価値も、自分次第です。

 

イーサリアムでスマートコントラクトの実現!

世界のあり方を変える可能性があるとして

注目されているのがスマートコントラクトと呼ばれる仕組みです。

スマートコントラクトとは、自動的に執行される契約のことで、

金融業、保険業、シェアリングエコノミーなど多くの業務を完全に自動化し

第三者の仲介をすっ飛ばして行えるようになる可能性を秘めています。

多くの仲介業務が必要なくなれば、既存の経済構造が大きく変わることになります。

イーサリアムは、ブロックチェーン上に

何らかの条件が揃えば執行されるスクリプトを仕込んでおくことができるので、

アイデア次第で様々な契約を自動的に処理することが可能です。

イーサリアムはまさに、スマートコントラクトを実現するための仕組みと言えます。

 

イーサリアムの将来性

◎まとめ

今後、ますますイーサリアムを利用したスマートコントラクトが一般的になっていくと予想されます。

「社会にとって必要不可欠なシステムを稼働させること」に価値を担保させるETHは、

正直ビットコインを遥かに凌駕するポテンシャルを秘めていると思います。

今のうちに、ETHを買い込んでおけば5年後、10年後になって得する人が増えるかもしれません。

イーサリアムを使用してオンラインカジノで遊んでみましょう!

『Betrnk(ベットランク)』では数10種類以上のさまざまな仮想通貨入金に対応♪

初心者にも安心日本語サポート!最新オンラインカジノを体験しよう♪