2in1法とは?

2回分の負けを、1回の勝ちで取り戻す戦法です。

どのゲームで使えるの?
  • ブラックジャック
  • ルーレット(赤黒)
  • バカラ
  • クラップス
  • その他イーブンベット
 

つまり勝つと配当2倍のゲームで有効となります。

2回分の負けを、1回の勝ちで取り戻せる為、ローリスク・ローリターンですが、注意点もありますので方法と合わせて説明していきます。

2in1法のやり方

2in1法では、勝ちと負け、さらに賭けたチップの数を、メモを使って記録する必要があります。

メモを取らずに、やり方を間違えてしまうと、2in1法は威力を発揮してくれないので、絶対に間違えないようにしましょう。

■記載するのは、勝負の回数、数列、勝敗、ベット額の4つか、損益を入れた5つです

2in1の基本ルール

2連敗までは、最初の「1」を賭け続け、2連敗したあとの次の勝負から、数列の両端の合計値を賭けていきます。

勝った場合は、数列の両端の数字を1つずつ、合計2つを消していきます。

▼例1
1、最初に「1」を賭け、負けた時は、数列に「1」と書きます。

2、次は数列のまま、再度「1」を賭け、負けた場合は、数列に「1、1」と書きます。

3、次は、数列の両端にある数字の合計値を賭けます「1+1=2」。

4、負けて3連敗の場合は、数列に「1、1、2」と書きます。
※以後、負けた場合の数列は、1つずつ増えて、3、4、5…となっていきます

※もしここで勝つと、2回分を取り戻せて±0となります。

5、次は、数列の両端にある数字の合計値を賭けます「1+2=3」。

6、4連敗した場合は、「1、1、2、3」と書き、「1+3=4」を賭けます。

7、5連敗した場合は、「1、1、2、3、4」と書き、「1+4=5」を賭けます。

※勝った場合は両端の「1」と「3」を消し、「1、2」と書き、次は「3」を賭けます。

あとはこの繰り返しで、数列が消えたら「0」になるので、負け分が消えます

2in1法の注意点

2回分の負けを、1回の勝ちで取り戻せはしますが、連敗が続くと賭ける枚数が上がっていってしまいます。

この為、連敗中はどのタイミングで損切りをするか、これを決めておかないと、元手が尽きてしまう可能性もあります。

下記の例のように、12回で4勝8敗でも連勝が続かないと、負け分を取り戻すのに時間がかかるので、注意が必要です。

まとめ

2in1方はシンプルな賭け方で、連勝が続けば大きく勝つことが期待できますが、連敗してしまうとかなりの痛手を負ってしまうので、やる際には「ここまで負けたら一旦やめよう」という強い気持ちを持てるかが成功のカギになりそうですね!
性質上長期戦であれば勝つことはできそうです。

Betrnkのオンラインカジノであれば、長期戦であっても自宅でメモを取りながらじっくりプレイを楽しむことができるので、勝つ確率があがりそうですね!
オンラインカジノに興味がある人は、日本語対応スタッフが24時間サポートしているBetrnkで決まり!ぜひ、体験してみてください!