今回はカジノのゲームでもかなり人気の高いブラックジャックをご紹介!
ブラックジャックはBetrnkでも非常に人気なので今回はBetrnkのプレイ画面と一緒にお届けします。

比較的勝つ確率が高いと言われるブラックジャックですので、是非ルールを覚えてプレイしてみてください!

ブラックジャックとは?

プレイヤー(自分)とディーラー(親)1対1の勝負で手持ち、合計数字が21に近い方が勝ちとなる、シンプルなカードゲームです。

テーブルにプレイヤーが何人いたとしても、勝負をするのはディーラー1人とだけとなります。

カードの数え方と使用枚数

2~10はそのままの数字でカウント。
J(ジャック)・Q(クイーン)・K(キング)は全て10としてカウント。
Aは「1」または「11」の、どちらか好きな方を自分で選ぶことができます。

使用枚数はジョーカーを除いた52枚です。

ブラックジャックのルール、勝敗の決定するには

まず最初にプレイヤーから手を確定させます。プレイヤー全員の手を完成させてからディーラーの番になります。
勝敗の決定は手持ちの合計の数字が21に近い人が勝ちとなります、
21を越えた場合は、バーストと呼び、無条件で負けが確定します。

※複数名でプレイしている際に双方がバーストでも、プレイヤーの負けが確定してる為、引き分けにはなりません。


ブラックジャックとは、10「J,Q,K含む」と「A」の組み合わせの事。
手札にこの組み合わせがある時点でその人の勝利となります。

 

ブラックジャックと、3枚以上で21を作った場合はブラックジャックが優先勝ち扱いとなります。さらに、ブラックジャック同士の場合は引き分けでは無く、ディーラーの勝ちとなります。

※引き分けの場合はプッシュ(スタンドオフ)と呼び、全額払い戻されます。

ブラックジャックルール、配当について

勝てば2倍の配当がもらえる
ブラックジャックで勝てば、なんと2.5倍!
引き分けの場合は、全額返金

ブラックジャックが愛される理由と基本的な戦略

ブラックジャックはスロット等と違い、プレイヤーはもう1枚引くかどうかの選択権が与えられているので、知識と経験を活かせるスキルゲームと呼ばれており、駆け引きを好む方に愛されています。

しかも、ディーラーには「16以下の場合、絶対に3枚目を引かなければならない」というルールがある為、その分バースト(21を越えて負けること)の確率が高くなり、プレイヤーにとっては有利な条件となっています。

さらに、将棋やチェスと同様に基本的な戦術が存在する為、これを知っていれば闇雲に戦うより勝率をぐんとアップさせる事が可能です!

例えば、ディーラーの1枚目が「5」の場合はカードが追加されます。
2枚目が「10」であった場合、2枚で 15となり、16以下なるので必然的に3枚目を引くことになりますが、3枚目で「7」以上出れば21を超えてバーストとなります。
この時点で7以上は、50枚中27枚と50%を越えるので、プレイヤーが勝つ確率が非常に高くなります。

このように確率を分析するのが基本戦略であり、ベーシックストラテジーという勝ち方・攻略法となります。

ブラックジャックゲームの流れと、チップの賭け方について

目の前に用意されてるボックス(枠線)に、賭けたい額のチップを設定しクリックします。
置いたらカードが配られ、ゲーム開始です!

そっと自分の数字を確認し、カードを追加するかどうかを判断します。
追加の場合、ヒットを選択、そのまま勝負をする場合はスタンドを選択します。
21を越えなければ、何度でも選択可能。

この時、スプリットやダブルダウン、インシュランスやサレンダーという選択肢もあります。用語は後ほどご説明します♪

ブラックジャック(BJ) 基本用語と合図の仕方

ブラックジャック
ナチュラルとも呼ばれ、「10,J,Q,K含む」と「A」の組み合わせの事。

ディール
カードを配るという意味。

アップカード
ディーラーの開いてるカードの事。

ホールカード(ダウンカード)
ディーラーの伏せているカードの事で、最初にこれがないものを、ノーホールカードと呼びます。
(プレイヤーが全員スタンド後に、2枚目が引かれます)

ベット
目の前のボックス(枠線、サークル)に、チップを賭ける事。

ハンド
自分のカードの事。

※ハードハンド
「A」を1と数える場合、又は「A」を含まない手。

※ソフトハンド
「A」を11として数える場合。

ヒット(ドロー)
1枚カードを追加する。21を越えるまで何度でもOK。
ヒットと言うか、テーブルを軽く叩く。

スタンド(ステイ)
これ以上引かずに勝負する、手の完成を意味します。
スタンドやステイと言うか、テーブルの上で、手のひらを下にして左右に振る。

ダブルダウン
次に1枚だけ引いて終わりにする事を条件に、最初に賭けたチップと同額を追加ベットする方法。
※ブラックジャックが完成してる場合は不可
ダブルやダブルダウンと言い、追加チップを置きます。

スプリット
最初の2枚が、ゾロ目(同じ数)の場合、最初に賭けたチップと同額を追加ベットし、カードを2つに分け、それぞれに2枚目以降を追加する方法。

サレンダー
自分のカードが悪い時、最初に賭けたチップの半額を払って、勝負を降りる事。つまり半分だけしか、減らずに済む方法。
ディーラーの1枚目が「A」の場合、不可の場合もあるので、確認が必要です。

インシュランス(インシュアランス)
ディーラーの1枚目が「A」だった場合、最初に賭けたチップの半額を保険として賭けます。
見事ブラックジャックだった場合は、2倍が返ってくるので、負けても差し引きゼロ(保険分も戻ってきます)。
ハズレた場合は、全額没収されます。

※損する確率の方が高い為、基本的には使いませんが、ディーラーの1枚目が「A」の時、サレンダー不可ルールであれば、これで対応する事も可能。

インシュランスと言い、インシュランスゾーンにチップを置きます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はブラックジャックについてのルール説明をさせていただきました。
海外ではブラックジャックのトーナメントが行われるなどかなりポピュラーなカードゲームです!

Betrnkでも人気コンテンツの一つなので、ぜひプレイしてみてください!

オンラインカジノ初心者におすすめしてるオンラインカジノはBetrnk(ベットランク)!!
このオンラインカジノは新しいですがライセンスの信頼度も高く、日本語対応でチャット・電話サポートが24時間対応しているので安心してオンラインカジノで遊べます!!
興味ある方は一度サイトをご覧になってみては?