皆さん、総合格闘技はご存じですか?

ボクシングやプロレスなら一般的に想像しやすいですよね。

『総合格闘技ってボクシングとなにが違うの?』

という方にむけて、今回は総合格闘技について解説したいと思います。

 

総合格闘技とは


 

総合格闘技

〇打撃

〇投げ技

〇固技(抑込技、関節技、締め技)

などの多様な攻撃によって勝敗を争うスポーツです。

MMA(Mixed Martial Arts)とも呼ばれます。

つまり、これらの技ならばなんでもありです。

日本でも、柔道や空手の選手が総合格闘技を行っていたりしますが、あくまでルールは総合格闘技に準じたものです。ですので、柔道で金メダルを取っているからといって、必ずしも総合格闘技において強いというわけではありません。

 

勝敗の決め方


 

勝敗の決め方は、単純です。

決定的な打撃によって審判が試合を止めるTKO(テクニカル・ノックアウト)や、組技における選手からのギブアップはもちろん、医師やセコンドからの宣告により試合が終了されることもあります。

こうしたルールは格闘技では一般的なので、比較的わかりやすいスポーツとも言えるでしょう。

 

総合格闘技の魅力


 

 

ドリームマッチの実現
やはり異種競技のスペシャリストたちが競技の垣根を越えてマッチする姿は夢のようです。ファンにとっては、たまらないですよね。

 

駆け引きが面白い
試合では、それぞれの種目での得意な技にどうやって持ち込むかといった駆け引きがとても面白いです。
例えば、ボクシング選手なら打撃戦など各々の最大の力を引き出せる展開に持ち込もうとします。総合格闘技でしか味わう事のできない面白さです。

 

いかがだったでしょうか?

ぜひ、観戦にも行ってみてください♪