半減期ではなく、コスト倍増期なるか


今年5月に予定されているビットコインの半減期。

ビットコイン投資家は、ビットコイン価格を9万ドル(約990万円)以上まで高騰させる可能性がある“と推測。

ビットコイン・マイニング使う高性能コンピューターの運用者にとって、半減期はむしろコストの「倍増期」といえるのではないでしょうか。

仮想通貨に特化したリサーチ企業Trade Block(トレードブロック)は新らたな報告書の中で、1ビットコイン(BTC)をマイニングする平均コストは5月に予定されている半減期の後に1万2525ドル(約137万円)に上昇すると推測しています。

この数字は現在の平均コスト6851ドル(約75万円)の2倍近くです。つまり、マイナーは現在獲得しているビットコインと同じ量のビットコインを手に入れるためには2倍の演算をしなければならず、同時に電力消費量も2倍になります。

このコストの推測値は、現在の市場価格約1万300ドル(約113万円)をかなり上回るもので、市場価格が上がらなければ、半減期は仮想通貨マイニング業界の採算性を覆す可能性があることを示しています

半減期はビットコインが約10年前に作られた時に、インフレを防ぐ手段としてプログラムに組み込まれました。ビットコインの新しい供給が予測可能で常に減少を続ければ、ビットコインの購買力を安定させることができるというアイディアでした。

中央銀行の人間がしばしば恣意的に発行できる法定通貨とは対照的ですね。

半減期に備えるマイナー

現在起こっていることは、仮想通貨マイニング企業はより高速でエネルギー効率に優れた次世代プロセッサーを搭載したコンピューターをアップグレードすることで半減期に備えようと躍起になっています。

JPモルガン・チェースのリサーチャーは、ビットコイン・マイナーの平均コストをビットコインの「本質的な価値」と表現しました。

トレードブロックの1万2525ドルという半減期後のコスト予測は「ハッシュレート」と呼ばれるネットワークの処理能力が現状のままであることを前提としています。また、アナリストは、電力料金を1キロワットあたり6セント(約7円)としています。これは、一部の大手マイニング企業が地元送電網や一括購買契約で購入する電力料金の1キロワット時あたり約2セントよりも高いです。

また、トレードブロックの予測では、マイニング・コンピューターの約30%は最新技術に移行しますが、70%は「旧式マシンのまま」となっています。一部の仮想通貨業界幹部は、多くの旧世代マイニング・コンピューターは半減期後には経済性を失い、より高速のマシンがネットワークを占める可能性が高いと語りました。

いずれにせよ、トレードブロックのデジタル通貨リサーチ担当ディレクター、ジョン・トダロ(John Todaro)氏は、ビットコイン投資家は事態を注意深く見つめる必要があるとし、「マイナーが何を考えているか、何をしているかを知ることは非常に有用」と電話インタビューで述べました。

今回の半減期は、コスト倍増期となるのでしょうか。


【関連記事】
仮想通貨って何?分かりやすく解説
【仮想通貨】ビットコインウォレットをサポート
【仮想通貨】ビットコイン、半減期まで100切る
【仮想通貨】ビットコイン取引の分析調査企業