スポーツベットをはじめようとしたけれど、

オッズの見方がわからなくて困っているという方も少なくないでしょう。

実は、オッズの表記にも種類があるんです。

今回は、それらの種類と見方について解説していきたいと思います。

 

3種類のオッズ


 

オッズには、大まかに3種類の表記があります。

デシマル、フラクショナル、アメリカンです。

それぞれ解説していきますね。

 

デシマル

1.5や4.3とういうような表記を『デシマルと言います。

これが一番日本人にとっては、馴染みがある形式です。

日本の競馬や競輪など一般的なギャンブルでは、『デシマル』でオッズが表記されています。

注意して欲しいのは、『賭け金を含んだ払戻しになる』という点です。

(例)

デシマルで1.5倍のオッズに100ドル賭け。

結果は、賭けが当たり150ドルの払戻しをGET。

利益としては、払戻しの150ドルから賭け金100ドルを

引いた50ドルになります。

利益=払戻し−賭け金

 

 

フラクショナル

フラクショナル式は分数でオッズを表記しているものです。

フラクショナルのオッズは

左(分子)を獲得するためには右(分母)が必要』ということを表しています。

簡単に言うと、『分母を賭けて勝てば分子が得れらる』ということです。

(例)

100/10というオッズに10ドル賭けて、勝利。

すると利益は100ドルになります。

 

フラクショナルでは、倍率に賭け金は含まれていませんので、

分母の通りに賭けた場合分子がそのまま利益になります。

 

アメリカン

アメリカンはを利用した形式です。

文字の通りアメリカンスポーツで元々使われており、

現在でも北米のブックメーカーなどでは利用されていることが多いです。

Money Line(マネーライン)と呼ばれることもあります。

デシマルでいうと2倍以下はマイナス、2倍以上の場合はプラスの表記になります。

勝ち予想がマイナス、負け予想がプラスになるのが基本です。

アメリカンでは、基本的に100ドルを基準として考えます。

マイナス表記の場合は、表記されている数字を賭けて勝利すると100ドルになり、

プラス表記の場合は、100ドルを賭けて勝つと表記されている数字分を獲得できる

ということを示しています。

 

 

 

いかがだったでしょうか?

まずはデシマル式を覚えていただければとりあえずは大丈夫ですので

もし、他のオッズを見かけたら見返してみてください!

 

【関連記事】

【初心者必見】ブックメーカーとは?オススメもご紹介

スポーツベットで稼げるスポーツの特徴は?

【スポーツベット】賭け方の種類をご紹介!オススメのサイトも♪

【スポーツベット】期待値とは?どうやって計算する?